2007年05月16日

やっぱり欲しいSONYα100とツァイス・バリオゾナー

今使っているデジタル一眼は
CanonのEOS Kiss Digital Nなのですが

eoskiss.jpg



いま、かなりSONYのα100が欲しい。


なぜかと言うと
カール・ツァイスからSONYのαマウントの
バリオゾナーが出たからなのです。



バリオゾナー T* T16-80mm F3.5-4.5 ZA 。
これはかなりの飛び道具です。
α100のボディー搭載の手ブレ補正とツァイスレンズのボケ味と色味。
素人が使うには最強の組み合わせ。



方向性としては



このPanasonic LUMIX DMC-L1と同じなのですが
α100の1000万画素超えとAPS-Cサイズの撮像素子では
フォーサーズのPanaはライバルにもなりません。

ましてやα100とバリオゾナー、この組み合わせで
探せば16万円を切って購入することも出来るわけですから
コストパフォーマンスがやたら高い。

この組み合わせで撮った写真を見せてもらいましたが
自然光では最強の組み合わせと言ってもいいでしょう。
特に素人がとる風景や人物等といった被写体には最適。

撮った写真を「作品」と言い張りたい人にはかなりお勧めです。

と言うか、僕が真剣に欲しい。
posted by AB-FLY at 02:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 【衣】カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月05日

デジタル一眼の手ブレ補正つきレンズ

年末に書いたデジタル一眼の記事ですが
すごく好評です。ありがとうございます。

デジタル一眼でも手ブレ補正がキーワードってことで書いたんですけど
今、手ブレ補正レンズでも実はキャノンが一人勝ちなんですね。
いやぁキャノンユーザーでよかった。

何が一人勝ちって、望遠系のレンズ。
私たちが普通に使える300mmクラスのズームに
手ブレ補正付が結構あるんです。


キャノンの高性能レンズの証、白ボディーのEF28-300mmF3.5-5.6L IS USM。
これと広角系一本でもう充分の画角カバー。
まぁこれは25万円位しますんで現実的ではないですけど。

現実的な線ですごくお勧めなのがコレ。

EF70-300mm F4.5-5.6 DO IS USM
13万円程度でちょっと割高ですが手ブレ補正の機能が
縦揺れ対応だけと縦横揺れ対応に切り替えられるんです。
縦揺れ対応は横揺れに対しては補正しないのでスポーツ写真などの
流し撮りに最適と言うわけです。
そしてお勧め理由は、高屈折率レンズ採用で全長が短い。
標準形の17-85mmとほとんど変わらないので持ち運びに便利。

そして定番のコレ

EF70-300mmF4-5.6 IS USM。上のレンズの半額です。大体6万5千円くらいから。
普通に使うんならコレで充分。

上記3本は35mm対応なので将来35mmサイズの撮像素子のカメラ
(EOS5D、1Dなど)に買い換えても使えます。

これが他のメーカーだと
例えばフォーサーズ陣営のシグマ。

80-400mmF4.5-5.6APO EX DG OS。これ一本しかありません。14万円程度。

そしてニコン

ニコン AF-S VR ED70-300mmF4.5-5.6G。6万5千円程度はキャノンと同じですが
APS-Cにしか対応していない。

まぁ、この辺考えるとキャノンってことになりますかね。
カメラに手ブレ補正が付いているSONYもかなり捨てがたいですけど。
posted by AB-FLY at 03:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 【衣】カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月25日

デジタル一眼レフ

SONYやPanasonicも参入して
ますます活気付いているデジタル一眼レフ市場ですが。
キーとなるアイテムはこちらもやはり「手ブレ補正」。
実際、手ブレ補正は使えます。


特にSONYはミノルタのαシリーズを受け継いでいますから
ボディー側に手ブレ補正が付いているので
かなり使いやすいといえます。


Panasonicはライカレンズに手ブレ補正が付いています。
でも現状Panasonicからはレンズキットについている
ライカの14-50mmズームしか出ていない。
Pnasonicのデジタル一眼レフはフォーサーズ陣営の一員ですから
オリンパスのレンズが使えるのですがこちらからも
手ブレ補正レンズは出ていないんです。
ライカレンズはそのうち望遠系のズームを出してくると思いますが
やはり高い金額設定でしょう。
それとフォーサーズ陣営にはちょっと不満な部分があるのです。
撮像素子が小さいこと。
フォーサーズ以外のメーカーのデジタル一眼レフは
APS-Cサイズと言う撮像素子を使っています。
小さいサイズの撮像素子と言うのはメーカーでいろいろな努力をしても
イメージ的にはなんとなく劣る感じが否めません。
同じフォーサーズでもオリンパスのカメラとレンズは
コンパクトに出来ているので撮像素子の大きさのマイナスイメージを
補えるだけの魅力があるのですが、Panasonicはでかい。
一般的な国民機と言われているEOS Kiss Digital Xと比べても
横方向にかなりでかいです。ライカレンズに魅力を感じている方以外は
Panasoncはちょっとお勧めできない。

話はSONYに戻りますがSONYもコンパクト機でカールツァイスレンズを
使っていたのに、デジタル一眼では元ミノルタのレンズって言うところが
不満です。ツァイスもレンズを出すとは言っていますが、今はまだ。
まぁ、銀塩フィルムを含めて全く一眼レフに触ったことの無い方であれば
初めての一眼レフには最適だと思います。
慣れてきた頃にツァイス登場ってことで。

ただ、家電メーカーのデジタル一眼レフ進出は
Canon、Nikonにかなりの脅威のようですね。
これら老舗2強は機能云々と言うよりもレンズの本数が桁違いなんで
今のところはこの2強がやっぱり強いのではありますが。

Nikonは最近になってD40なるとんでもなく安いモデルを投入。

600万画素でいいと思ったらレンズ付で店によっては6万円を切っています。
ただ、Nikonも手ブレ補正は少々遅れているメーカーですから
望遠系ばかりについています。標準系だと24-120mmだけですし。

値段も7万円台とカメラ本体よりも高かったりします。


CanonはEOS Kiss Digital Xのレンズキットで11万円程度。
昔からするとかなりのバーゲンプライスですがNikonと比べると高い。
1010万画素と言うことを考えると妥当な気がするのですが
SONYの手ブレ補正ボディー内蔵と比べるとお得感が薄い気がします。
でも、Canonは手ブレ補正付レンズにはかなり歴史があるので
本当にいろいろ選べます。
特に標準系はEF-S17-85mm、EF28-135mmと2本あり、どっちがいいか悩みます。
広角方向に強いほうが室内での写真などには使いやすいと思うので
17-85mmをお勧めしておきましょう。

この2強のレンズはさすがプロが多く使うだけのことがあるとうなずけます。
色だとか写りというのは最低限確保されていれば
あとは全て「味」と言う言葉で片付けられますが
2強のカメラ、レンズはそれを飛び越えて信頼性の高さと
使いやすさが違います。
特にCanonは操作系やスイッチ類の造りがIXYとEOSでほぼ同じ。
IXYからEOSに乗り換えてもすんなり使えます。
それらを踏まえて僕的お勧めは
EOS Kiss Digital XとEF-S17-85mmISの組み合わせ。
 
セットで15万円台。現段階では最強だと思います。

eoskiss.jpg
なんか長々と書いていましたが僕の組み合わせが
これだってことなんですけどね。

posted by AB-FLY at 07:07| Comment(1) | TrackBack(0) | 【衣】カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月16日

取材用のデジカメ

今、僕が街ネタ用に使っているデジカメがCanon IXY 400。
ixy400.jpg
写りもまぁまぁ、大きさも手頃だし、CFカード使えるしということで
はっきり言ってこれで充分だと思っていたのですが
これが最近調子悪い。調子悪いから築地とかにも行かない。
悪循環です。

もう一台Canon PowerShot Pro1も持っているのですが
街ネタ取材にはちょっとデカイのです。
pro1.jpg

そういうわけでこの際、街ネタ用のデジカメを新調しようかと思いました。
ただ、新型のコンパクトデジタルカメラはすでにCFカードが使えない。
ということでもうメーカー問わずに選んでみようかと。

でも第一候補はやっぱりCanon。
IXY400の正常進化版の800is。
☆おすすめ品☆【デジタルカメラ】キヤノン(CANON)IXYDIGITAL 800 IS
レンズの良さはやっぱりCanon。撮像エンジンがよくて、
これに手ブレ補正と高感度設定が付いて4倍ズームなのに
ラッキーストライクのボックスに2つ入ってしまうこのサイズ。
IXY400に慣れた目には800isの液晶は広大。フレーミングも楽そう。
フォーカスの時間も初期のデジタル一眼「EOS D60」並。

といいこと尽くめなんですが他にも気になる機種があるのが困りもの。

同じCanonだと、IXY L
◇おすすめ品◇デジカメCanon IXY DIGITAL L3 RE ブラッドレッド型番:0356B001
シルバーか黒ばかりのデジカメに、このカラーバリエーションは魅力。
IXY400からすると背面の液晶も違和感ないし、なんせこの小ささ。
これで5Mピクセルあるのだから食指も動きます。

他社だとオリンパスμ-720SW
710万画素・光学3倍・水中3m防水・1.5m対衝撃・2.5型液晶デジタルカメラオリンパス μ-720SW ...
3m防水、1.5m落下対衝撃ってG-SHOCKですか?
信頼性が高そうです。築地とかわりと水気も多いし
滑りそうなところも多いので取材向きのカメラです。
スキーとかにも安心して持っていけるし。
オリンパスもカメラメーカーですから
写りに関しても問題ないのですが、この金額で手ブレ補正機能が無くて、
高感度設定のみってところがマイナス。
色味がちょっと好みじゃないってところも・・・。

色の好みで行くとSONYのCYBERSHOTは好きですね。
手ブレ補正と高感度設定の両方が付いたT30が気になるところ。
[デジカメ] ソニー(SONY) サイバーショット DSC-T30-S シルバー
カール ツァイスのバリオ・テッサーというブランドレンズを搭載。
この価格帯のデジカメに非球面レンズを使っているところがにくい。
サイズ的にもIXY 800isと完全競合。
問題点といえばメモリースティックに汎用性が無いところぐらい。
メモリースティック高いしなぁ。

実際、競合価格帯に3機種、ちょっと落ちるところに1機種。
ホントに悩みます。長く使うものだから真剣に考えないと。

なお、Panasonicはアユが嫌いなので除外。
posted by AB-FLY at 15:15| Comment(1) | TrackBack(0) | 【衣】カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。