2007年09月04日

痛車、レースに進出!!サーキット走行取材レポ

皆さんは「痛車」というジャンルがあることをご存知だろうか?
アニメや美少女ゲームのキャラクターをモチーフに
自分のクルマをデコレートする。そんなカルチャーである。
ワイルドスピードなどから派生したバイナルデザインが源流
と考えていただいたほうがわかりやすいかもしれない。
fp003.jpg fp005.jpg
fp004.jpg

最近では週刊プレイボーイなどでも取り上げられており
稚拙ながら私もソフトバンククリエィティブより発行の
「痛車ろーど」という書籍を著作しており
このジャンルについてはそちらに詳しく載っているので
参考にして欲しい。


この「痛車」が富士スピードウェイでのレースを走る
ということで観戦をしてきた。そのレポートを紹介しよう。


9月2日 早朝5時 富士スピードウェイ西ゲート。
サーキットの朝は早い。
だがこのゲート前にはすでに多数の「痛車」が終結し
初めて富士を走るその「痛車」を一目見ようと心待ちにしていた。
fp002.jpg

今日、この富士を走る「痛車」はユーノスロードスター。
この日に行われる富士チャンピオンレースの
ロードスターカップ第3戦に参加するのだ。
選手としてドライブをするの彼は
この「痛車」世界ではFp・Zeiramと呼ばれている。
ここではゼイラム氏と表記させていただく。
fp001.jpg

ことの発端は秋葉原で有名な「おでん缶自販機」の前。
いつものように「痛車」乗りが集まっていたその時
誰かが言ったひとこと。
「これでレースでたら面白いんじゃない?」
通勤などでも普通に街で走っている彼ら。
注目されるのは当たり前であるがサーキットに土俵を移したら
いったいどうなるのか。興味はそこにあったのではないかと推察する。

やるなら徹底的に、そのオタクオーラーを出し尽くそう。
春ごろからクルマを仕上げるなどの準備をはじめ
そして、この日、その話題は具現化したのである。

8時。公式車検。
無事車検を終了し車検場を出た彼らは注目と言う出迎えを受ける。
fp006.jpg fp007.jpg
fp008.jpg 
その注目に対し彼らは拳で戦意をアピール。
喝采であった。

そして予選開始前、パドックによりいっそうの注目が集まることになる。
なんとアニメ「ローゼンメイデン」のキャラクター
水銀燈のコスチュームに身を包んだレースクイーン。
fp009.jpg fp010.jpg
なるほど、徹底的である。
このレースクイーンはさすがにかなりの注目の的だ。
パッドク内のあちらこちらから人が集まりさながら撮影会状態。
男性のメインスタッフもアーミールックと言うより軍服そのもの。
有明や秋葉原が富士に出張してきたようだ。

8時45分
いよいよ予選スタート。
fp011.jpg fp012.jpg
ピット前を通過するゼイラム氏を敬礼で見送るピットスタッフ。
さながらアニメ「ボトムズ」のようだ。

彼のマシンはロードスターでは人気色のシルバーであるが
その「痛い」ステッカーにより走行中もすぐに見つけることが出来る。
そしてその走りは背負っているキャラクターを具現化するように
クールだが熱い。
fp013.jpg fp014.jpg
決してステディとは言いがたい荒削り感は否めないが
劣るストレートスピードをコーナーリングでカバーしようと
冷静さを保とうとするその姿勢に、熱い心意気を感じる。

13時。本戦スタートである。
本戦前にダミーグリッドに集められたロードスター。
参加台数42台というかなりの大量参加。
VWゴルフGTIカップがフル参加で15台と言うことを考えれば
その台数の多さがお解かりいただけると思う。
その中でもゼイラム氏のマシンはかなり目立った。
fp015.jpg fp016.jpg
オートバックス大竹選手が記念撮影を依頼するなど
どれだけ注目されていたかを図り知ることが出来るであろう。
fp017.jpg fp018.jpg

そしていよいよコースイン。
fp019.jpg

フォーメーションラップの後グリッドに並ぶロードスター。
fp020.jpg fp021.jpg

そしてここでも「水銀燈」レースクイーンが登場。
fp022.jpg
プレスの少ない富士チャンピオンレースではあるが
多分、そこにいたであろうプレス関係者は
ほぼ全員レンズを向けている。
ピットグリッドオフィシャルの方の話でも
羽を背負ったレースクイーンは初めて見るそうだ。
fp023.jpg
男性ピットスタッフもポーズを取る。
なぜか周囲が大ウケ。
ここまでの彼らの狙いは的中したであろう。

スタート5分前。出走者以外は退去を命じられ
まさにここから本当の緊張の時間が始まる。
シグナルが点灯しスタート。
fp024.jpg fp028.jpg
fp025.jpg fp029.jpg

スタート直後、私はコカコーラコーナーに即座に移動し
ゼイラム氏のマシンを待った。
先頭集団が通過し中盤も終盤も通過するが
ゼイラム氏が来ない。
ん?コーナーポストから白旗が出ている。
何か障害物があることを意味する旗である。

そして第一コーナーの出口付近で
ブルドーザーに牽引されるゼイラム氏を発見。
fp026.jpg
さすがに42台出走というレース。
スタート時にアクシデントがあっても不思議ではない。
しかし、よりによってそれがゼイラム氏に降りかかるとは。

サンドトラップに引っかかってしまっては
自力でコースに戻ることは不可能である。
よって、ここでリタイア。
マシンの損傷もフロントと下回りを中心に
かなりのものであると推察される。
fp027.jpg

こんな不幸なアクシデントでは
レース自体は満足できるものではなかっただろう。
だが、少なくともこの「痛車」がその場にいた人々の脳裏に
熱く焼きついたことは間違いない。

私としてはゼイラム氏にリベンジをぜひお願いしたいところである。
posted by AB-FLY at 04:28| Comment(7) | TrackBack(1) | 【走】クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>「痛車」が初めて富士スピードウェイでのレースを走る
ということで
既にカラーズR&Dという団体がねこねこCR-Xという
痛車で2年ほど前?に耐久レースに出走しているようです。
Posted by gest at 2007年09月06日 17:39
http://backbdash.blog52.fc2.com/blog-entry-6.html
に記事がありますね。
>現在はColor's R&Dというレーシングチームを作られていて、
>同人関連の方々をバックにエロゲ会社がスポンサーとなり、
>CR-Xベースの車両でレースに参加されているそうです。
>9月5日に筑波サーキットで行われるTC2000に参加されるとのことで、影ながら応援してます。
Posted by う at 2007年09月06日 18:41
gest様、う様>

ご指摘の文章の

>「痛車」が初めて富士スピードウェイでのレースを走る
↑↑↑↑↑↑↑↑↑

Colors R&Dの高菜しんの先生もクルマ仲間としてお付き合いいただいており
ねこねこCR-Xで茂木のジョイ耐に参加なさっていたのも存じておりますので
今回の記事は全てのレースを通じて痛車が初参戦すると言う意味ではなく
富士スピードウェイでの痛車デビューと言うことで書いたつもりでしたが
誤解がありましたようで申し訳ございません。

上記文章から「初めて」の記載を省かせていただきます。
Posted by 北森涼介(AB-FLY) at 2007年09月06日 20:25
多分いろいろな意味で歴史に残るレースだと思います。がんばって欲しいと思います。
Posted by コックレーン at 2007年09月08日 09:43
痛車でレースに出るなんて独創性がありすばらしいと思います。がんばってください。
Posted by ギガントロケット at 2007年09月09日 22:49
あなたの練習不足に寄る多重クラッシュですよ!もっと精進してください!!          後ろから押し出された67号車オーナーです!!
Posted by RTMS-BOSS at 2007年09月22日 22:53
巻き込まれた関係者カワイソス
オタクはどこに言っても厄介者
秋葉に篭ってろ
Posted by at 2007年10月14日 22:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/53854770
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック


Excerpt: おでん缶おでん缶(おでんかん)とは、おでんを内容物とした缶ジュース大の缶詰である。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia-..
Weblog: おたく文化を教えて
Tracked: 2007-10-15 18:06
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。