2007年07月04日

送迎車の思い出(その1-1

前の日記で、デパートの送迎車について書きましたが
ホテルの送迎車は普通に高級車をガンガン使ってますよね。


ホテルの送迎車で今まで乗った一番凄いのは
コンラッド香港の真っ赤なロールス・ロイス。
まだ啓徳空港の時代ですから、かれこれ16年前。


乗車区間は
マカオ行きのフェリー埠頭からコンラッドまでと
翌日のコンラッドから空港まで。


自動車レースの関係の会社に勤めていた時代
出張でマカオへ行ったのですが
スポンサードしたチームが宿泊先を変更して
マカオに到着した時、ホテルに泊まれなくて路頭に迷ったんです。
4時間くらい探して夜の10時に変更先のマンダリンオリエンタルに
やっとチェックインできた。
その話を翌日、チームオーナーに文句を言ったら
日本の代理店には連絡したはずだと言っていたのですが
たいそう気にしてくれて、マカオGPの開催期間中、
毎晩ディナーに招待してもらえたりと一気に待遇がアップしたのです。


出張行く前は決勝前日と当日の夜は
ディナーやパーティーがあるからジャケット持って行けと
指示があったんですが、4日もジャケット着なくてはいけないとなると
もう一着持っていくべきだったな、というのは余談ですが。


で、そのチームオーナーが二晩目の夕食の時
「決勝の翌日はすぐに帰るのか?」
と聞いてくるので
「香港の安宿で一泊してから次の日の夜便で帰る」
と言うと、彼はレストランの電話に走りました。
5分くらい後、彼は戻ってくるなり
「決勝の翌日は13時初のジェットフォイルに乗れ
香港に着いたら乗り場出口の正面にホテルの車が待っている」と。
それにチームのステッカーを僕に手渡すと
「これをスーツケースに貼っておけば万事大丈夫だ」とも。

マカオ行きのフェリー埠頭の車寄せは
なんだか地味で暗い雰囲気なのですが
そんな中、朱色に近い赤一色のロールスが
車寄せのど真ん中に何の遠慮も無く停まっていて
ショーファーらしき人がリアドアの前に
直立不動で立っている。


恐る恐る近づくと、3mほど手前のところで
彼はスーツケースに目をやるなり
「Mr.Kitamori?」とたずねてきた。
うわぁ、送迎車ってロールスロイスかよ。
このまま騙されて誘拐されるんじゃないかと
その時、真剣に考えました。
それくらい驚きましたよ。


当時、コンラッドってホテル自体を知らなかったので
この後どうなるのかと、かなりドキドキしながらも、
ハリのある白い革シートの左のドアのそばに腰掛けると
「日本人はそのポジションがお好きな方が多いですね。」と
話しかけられながら、ロールスはユルユルと発信していった。


ロールスにはこの時、生まれて初めて乗ったのですが
ロールスに乗ってしまったというドキドキが先にたち
アドミラリティまでの20分を純粋に楽しむことが出来なかった。


ホテルに到着すると既にベルボーイが
ロールスが停まるであろう位置に待機しており
停まったと同時に、まさにその瞬間にドアが開けられた。
僕が車から降りると既にスーツケースは台車の上に。


そのままチェックインカウンターへ進むのだが
チェックインはなぜかソファー。
チェックインごときで「Somehing drink?」
「Coffee Prease?」というと、
当時は珍しい泡立ちタイプのコーヒーが出てきた。


ロールス・ロイスでの送迎とはそういうものなのかと
ずいぶん感心したものです。
posted by AB-FLY at 19:02| Comment(0) | TrackBack(2) | 【走】クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デパートの楽しみ(その1

デパートに車で行くとき
わざわざ店の近くではなく
少し離れた別館の駐車場に停めます。

伊勢丹だったら花園饅頭の前のパークシティ。
ここに停めれば通常の無料サービスにプラスして
90分延長サービスが付きます。

新宿に用事があるときはたいていここに停めて
シャトルバスで伊勢丹本店へ。
地下の食品売り場で弁当を買って、屋上で軽くいただき
その後、仕事だったりプライベートだったりの用事を済ます。
仕事の打ち合わせだったら
伊勢丹会館の喫茶店に呼びつけたりもしますから
2時間無料分の3000円消費は割と簡単にできます。
合計3時間半あればたいていの用事は完了しますから。

伊勢丹のシャトルバスは伊勢丹専用車と
国際自動車の借り上げバスの2台が運行していますが
お勧めは国際の方。このバスのリアタイヤの上のシートピッチが
他の座席に比べて1.5倍程度広い上にリクライニングする。
これが5分の小旅行と言えども気持ちいい。


でも、伊勢丹は90分延長のメリットのほうが重要なので
送迎のお楽しみはバスを選べるくらい。


送迎のお楽しみの本命は日本橋三越。
ここも別館駐車場として東京駅日本橋口のそばの
日本ビルディングの地下駐車場を割り当てています。
通常はハイエースのマイクロバスでの送迎ですが
これが9人乗りで小さいので
ちょっとでも並びが出ると同じビルの駐車場に営業所のある
ハイヤー会社から黒塗りがチャーターされます。
これも普通はクラウンなのですが
配車の都合でかなりバラエティーに富むこともあります。
いままで僕が乗ったのもレジェンド、メルセデスSクラス
プラウディア(デボネアの後継車)、フーガなどなど。
これだけでもかなりお楽しみなのですが、
この辺はまぁ普通に乗れる車でしょう。
ここでの本当のお楽しみはセンチュリー。
これのリアシートにドアを開けてもらって乗り込み
あのフワフワ感に包まれながらの5分間のVIP体験。
三越の車寄せに到着するとまたもドアを開けてもらえる。
そんなセンチュリーからTシャツ、ジーンズで降りると
周囲の目が若干奇異の目になる
この瞬間がたまらなく楽しいんです。


なんかマゾヒスティックなデパートのお楽しみですが。
posted by AB-FLY at 00:13| Comment(0) | TrackBack(1) | 【走】クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月01日

タイヤ交換

今までゴルフに履いていた
BSのグリッドUがひどいことになっていたので

IMG_0288.JPG

タイヤを買い換えることにしました。



いま、仕事が暇な時期なので
お金に余裕が無いという状況。
安けりゃいいと言う観点であれば
中国製のケンダとかナンカン、台湾製のチェンシンなど
激安タイヤはかなりありますが
ブランドイメージで買う気が失せます。
韓国製のハンコックは
まだブランド的にも安心できそうなんですが
このメーカーがタイヤショップに行くと割と高い。
いまやGT選手権にもタイヤ供給しているくらいですからねぇ。


金は無いけど暇はあるので
極限まで安く、まともなタイヤを買おうと考え
ヤフーオークションで新品タイヤを狙い
めでたく落札。
Goodyear EAGLE F1 GS-D3
195/50ZR15 82W
オートバックスだと1本12,000円くらいするのに
落札価格なんと1本5,100円。


それが本日到着しました。

gf1001.jpg

通信販売やオークションで
タイヤを購入する時に困りモノなのは
その取り付け。

今回はこの取り付けもヤフオクに頼ってみることにしました。
そこで見つけたのは
脱着、バランス、バルブ交換、廃棄がセットで1本1600円。
首都高速加平ランプのそばのパーツワンというショップ。

gf1002.jpg

実際、ガソリンスタンドなどに持ち込むと
脱着とバランスとりで1本3,000円は取られますから
約半額というのは非常にありがたい。
それにバルブ交換までしてくれる。


そんなわけでタイヤの送料まで含めた
合計金額は27,800円!!
1本単価6950円!!
なんと税込みで7千円を切りました。


手間は惜しんじゃいけないと言うことですね。
posted by AB-FLY at 22:36| Comment(0) | TrackBack(1) | 【走】クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。