2007年02月28日

ホイールヒット

昨日、飛び出してきた原チャリを避けようとして
左前輪のホイールを縁石にヒットしてしまった。
gc01.jpg
めくれあがったホイールから一瞬にして空気が漏れ
あっという間にペシャンコです。

それでまぁ、テンパータイヤに履き替えて帰ってきたのですが
これがなんとも心もとない。
gc03.jpg
なんだかすごくサイズが小さいんですよ。
細いは当然なんですが直径がかなり小さい。
車庫に戻る時にフロントスポイラーを摺ってしまうんです。
こんな状態では本当に緊急時にしか使えないわけで
次の日、というか今日、サーキット走行用に温存してある
BBS製VW純正アロイホイールに交換することにしました。
gc02.jpg
タイヤ交換などでいつも感心するのは
VW純正の車載ジャッキの素晴らしさ。
これ、ホント楽チン。
ウマ代わりにトヨタのパンタグラフジャッキを
使っていますが雲泥の差。
ジャッキアップの時間と疲労度が4倍違います。

チャキチャキタイヤ交換をしていたのですが
このホイールについているタイヤ、ミシュランパイロットは
筑波サーキットなどのドライビングスクールで
酷使しているので外周ブロックが剥がれてるんです。
早急に買い換えないといかんな思いつつ次の走行会まで
買い換える気がなかったという代物。
タイヤを3本付け換え最後の一本と言うところで
なんか空気圧が低いんでトレッド面をチェックしてみると
gc04.jpg
釘が刺さってる。

結局、右後にもう一度テンパータイヤを履いて
タイヤを買いに行くことにしました。
gc05.jpg

僕の給料日は月末なのでホントにお金がないんです。
そこで目指した店はオートバックスでもタイヤ館でもなく
埼玉県和光市の笹目通り沿いにある中古タイヤショップ。
gc06.jpg
はっきりいってお金がないので195/50-15のサイズで
ありものと言う注文の仕方しか出来ない。
そこで出てきたのはブリジストンのグリッド2七分山。
脱着処分費込み4本税込み16800円。貧乏人には強い見方です。
gc07.jpg
バランス取りもしっかりしてくれるのでかなりいいです。
乗って帰っての印象も悪くない。
すごい助かった感じです。
posted by AB-FLY at 03:20| Comment(15) | TrackBack(0) | 【走】クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月10日

かわいいswatch beat。

久しぶりの時計ネタ。

swatchにもデジタルがあるのをご存知でしょうか?
何種類かシリーズがあるのですが
僕はbeat aluminiumがお気に入り。
swatch beat 

僕のはswatch beat aluminium floating dotというモデル。
丸っこくて見た目が未来的。レトロフューチャー的な未来加減。
写真で見るより実際は結構デカい。
パネライのラジオミールくらいあります。
でも、アルミケースでなおかつデジタルですから
見た目に反して割と軽い。

swatch beatにはちょっと変わった機能が入っています。
アットタイムと言う機能。
これはマッドサイエンティストとして名高い
MITのネグロポンテ博士が提唱するインターネット用の時間単位。
一日24時間86,400秒を1000で割った86.4秒を1単位として
3桁の時間表示にするとチャットやメールでの時間表記が
簡単になると言うのがアットタイム。
結局のところ全く普及しませんでしたが
swatch beatには、まるで意地のように
未だに機能として残しています。
こういうところがまた可愛かったりするのですが。

swatchのアルミシリーズはどれも秀作揃いなので
いま、かなりお勧めです。
swatch アルミ aluminium
posted by AB-FLY at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 【衣】時計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月03日

日本橋のilly

なんだか久しぶりに日本橋の高島屋の前を通る。
日本橋と言うと、僕のイメージは三越側。
高島屋は日本橋と言うよりは八重洲のイメージ。
nb001.jpg

そんな八重洲っぽい日本橋をそれこそ日本橋方面に歩くと
高島屋からすぐのところに新しいカフェを見つけた。
nb002.jpg
なんと[illy]のカフェだ。イタリア系だからバールと呼んだほうがいいか。
illyと言えば泣く子もだまるエスプレッソの開祖。
この会社がエスプレッソを発明したと言っても問題ないくらい。
日本出店はセガフリード・ザネッティに先を越されましたが。

illyは今まで豆とか器具でしか見たことがなかったので
早速illyの豆をスタッフが入れるとどのくらいうまいのか
入ってみることにしました。
店内の印象はなんだか無駄に広い感じなので
クルマのショールームっぽい。フェラーリの並行輸入店みたい。
とにかく赤い。シアトル系のスターバックスやタリーズより好き。
ちゃんと喫煙席がある。BGMの音質が結構いい。

エスプレッソマシンはセガフリードと同じ会社LA-CIMBALIのものだった。
で肝心のコーヒーはと。
nb003.jpg
セガフリードより濃い。砂糖入れないと飲めないけど
砂糖入れたらかなりいける。
近所に会ったらセガフリードよりillyに行く。
そんな感じの喜び系テイスト。

「あっ、砂糖は入れても混ぜないほうがうまいです」
とはバリスタ氏の御言葉。確かに。
posted by AB-FLY at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 【食】外食-B級 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。